2020年1月29日

大地の力

こんにちは。
WEB担当のK(♀)です

昨年9月、火山周辺好きが高じて
カナリア諸島に行ってきました。

7つの島は、スペイン領なのですが
モロッコに近く
「太陽に近い島」や「大西洋の楽園」と呼ばれているとのこと。

大西洋の濃厚な青さとともに
様々な顔を持っています。

 


 

「ラ・イスラ・ボニータ(美しい島)」と呼ばれるラ ・パルマ島

遮るものが少ないことで
ハワイ島に次いで有数の観測施設が集まっている
ロケ・デ・ロス・ムチャーチョス天文台。

 

 


 

カナリア諸島最古の島で、
2千万年前の火山噴火でできたという、フェルテベントウーラ島

小さな島のワイルドな自然の中に、
どーんと現れるコラレホ砂丘は圧巻です。

 


 

溶岩台地と300以上のクレーターが見られる典型的な火山島 ランサローテ島

いくつか移動した島々の旅でしたが
この島が最も印象的です。

 


 

ティマンファヤ国立公園や

 


 

気になっていたワインの畑もさることながら

 

 


 

ホテル前のここがすごくて・・。

 

建物の前の砂浜には
ゴツゴツした溶岩。

近寄るだけでなんだか気分がアガり
足下からはぐんぐんと力が伝わってきて、

少しずつニヤニヤしてしまうような・・。

火山近くの食べ物や水に「いい感じだ!」と思う感覚が
ここに来るきっかけでしたが

溶岩そのもののエネルギーで
短時間で自分が変わることを感じたのは
初めてで。

夕方だったから、
太陽や、紺碧の海のせいでもなさそうです・・。

 

 

そんな私の
東京でのエネルギー源エッセンスは フルビックアースミネラル


なんとなく支えてくれている気がする

「気がする」は
とっても大事だと思います。

 

https://www.amritara.com/

 

 

Copyright (c) Phytoenergy Cosme Blog All rights reserved. Phytoenergy Cosme Blog is powered by WordPress.