2017年6月26日

DIY

こんにちは情報システム担当のIです。

AMRITARAでは什器や棚などを自作したりする事があります。DIYが得意な方がいるため店舗の什器を設計したり、時には自ら作っています。私も入社してからやり方を見学したり、工具をお借りして社内の棚の組み立てを手伝ったりするうちにだんだん楽しくなり趣味になりました。


 

こちらが私の作品中最大の大作。自宅マンションの入り口に作った猫用の内扉です。

猫は好奇心が旺盛ですぐに外に出たがる子もいますが、外出の時など一緒に出てしまいそれに気がつかないと迷子になり危ないです。配送荷物の受け渡しなどに扉を開けたまま対応する時がありますがそのような時にも内扉があると安全ですね。

 

ポイントは

・猫が舐めたり齧ったりしても平気なように化学塗料や接着剤の使われている合板などは避けること。

・支柱の先端にはディアウォールというバネ式の固定器具を使うことで、マンションなど建物に傷をつけられない場所でも設置できることです。

建材は全て無垢材を利用。ホームセンターなど材木を指定の長さに切断してくれるサービスがあります。私は設計図の図面をひいてホームセンターの担当者に相談しながら材料の詳細をつめました。横に渡している板は本来ない想定でしたが、ホームセンターの担当者によると無垢材を利用する場合は後で歪みが発生してくるためその補正用に設置しました。材料の注意点やその対処法などは詳しいプロでないとわからない部分があるため図面を元にホームセンターなどの担当者と詳細をつめて決めることを強くおすすめします。

今回の作品は塗料を使用しませんでしたが、必要な場合はAMRITARAでも利用している以下の匠の塗油がおすすめです。

◆匠の塗油

http://www.ohtaoilmill.co.jp/productlist/takumi/

 


こちらAMRITARAオフィスの床の画像ですがこのように非常に渋い塗装にしあがります。

 

費用は電動ドライバーなど含め2万円弱で作成できました。販売されているものを購入すると7~10万円ほどするのでかなり安く作成可能です。最近は既成販売品の家具などにシックハウス症候群の原因になる有害物質を含むことが問題視されておりますが自分で材料や塗料をを選んで作成してしまえば問題ありません。DIYには慣れと時間がかかりますがやってみるとかなり楽しいのでぜひ皆様にもおすすめしたいです。

 

2017年6月13日

2017「お田植え祭り」in中津江

みなさんこんにちは!

商品開発・バイイング担当のKです

 

やってきました、今年のお田植えフェス!

今年は例年よりちぃと遅めの6月4日(日)。

 

場所はアムリターラ農園(田んぼの方)がある大分県日田市中津江村の中川内集落。

今年も充実の行事(研修)と相成りました。

 

6月4日(日)午前9:00。

降り立った阿蘇熊本空港は、晴れ。

予報では田植え~翌日の研修の日程の2日間、晴れ通しだとのこと。

これはありがたいですね~

、、、うん?喜んでいない顔が3の4の5、、

紫外線が怖いんだそうな。

それはそうですね。皆さまバッチリと対策を講じてきております。


 

最初に向かいましたのは、アムリターラハーブ園のある、熊本県旭志。

「アスタラディエンスクリーム」「アマナツトーンアップウォーター」「アドバンスドクリアリバースセラム」に使用しているホワイトローズマリ-エキスとローマンカモミールエキスをとるために、アムリターラフーズでおなじみ、茶栽培農家の中尾さんに自然栽培で育てていただいています。


↓こちらがローマンカモミール。丁度開花していてかわいいですねー。軽くなでなでするだけで甘い青りんごの香りが!


↓そしてこちらがホワイトローズマリー。こちらも非常に香り高い。


↓そしてそして、夏季限定のミント紅茶にふんだんに使用しているミント達も!


これらのアムリターラ農園ハーブの力強さを、化粧品だけでなく食品にも活かしていきたいと考えております。

 

さて、お次。日田の山道をぎゅーんと進んで、着いたのは、

中津江村にある我らがアムリターラ田んぼ!


↓1粒万倍の思いで、皆で気持ちを込めて苗を植えていきます。


↓見てくださいこのしっかりとしたササニシキの苗!無肥料なのにこれだけ立派だと、1植えに対し1株植えるだけでも十分に育ちます。


いわゆる”疎植”と呼ばれる植間隔&苗数なので、稲1本1本が十分に太陽を浴びることができしっかりと根をはります。収穫量こそ少ないですが、味の濃い凝縮したお米に育つんです!

稲刈りが楽しみです~


 

さて、田植えのあとは土と汗を流しに温泉へ。

場所は山を下ってすこ~し行った先にある「杖立温泉」。いわゆる大分ならではの温泉街のひとつです。


風情のある細道を抜けて辿り着いたのは、”元湯”と呼ばれる露天風呂。

↓風呂に浸かった眺めはこんな感じ。癒やされますでしょ?


↓温泉から上がったら若竹の地獄蒸しを味見!こりこり、あまーい!


集落に戻ってお楽しみの食事交流会。その後は皆ぐっすりとおやすみしました~

 

6月5日(月)、早朝から出発。

目的地は、フーズでお馴染みの凄食材「ひじき」「ふのり」の産地”大分県佐伯市大入島”!

島へはフェリーで。


大入島はひょうたんの形をした周囲約17kmの島で、現在、人口850人ほどが住んでいます。

何よりも際立つのは海水の綺麗さで、海岸にはいたるところにひじきやふのりの生い茂る様子が見て取れます。


↓島内で採れるひじきを手掴みで。ひじきやふのりに関して、アムリターラに卸していただく海藻は、採れた中でも特に選りすぐりのものに限定していただいています。その質の高さは見比べていただければ一目瞭然だと思います。


↓昼食にはこんなうれしい食事も。ひじき・ふのりを使ったお酢と醤油の和え物。


その他の島内観光では、

海岸の間近に位置する真水の湧き出る井戸「神の井」を訪れたり。


↓船を出していただいてのカキ養殖現場視察にて、清浄な海域で育つ岩牡蠣の様子を拝見。


 

田植えからはじまり生産者様ご訪問という研修内容を、細かい部分を説明できないまま、ざっとなぞるだけとなってしまいましたが、現地の様子が少しでも伝わりましたでしょうか?参加した社員一同、次に控える稲刈りが今から待ちきれません!自分の植えた苗の場所、どんなふうに成長するのだろう、、

また追って報告できたらと思います!

それでは!

 

2017年6月8日

犬ごはん

こんにちは、総務のSです。

昼間は暑い日が続いていますが、まだ朝晩は涼しく過ごしやすいですね。

愛犬が3月で10歳をむかえました。
獣医さんからは毛並み、毛艶も良く内臓もキレイだとお褒めいただいております。


そろそろシャンプーをする頃なので、ぼさぼさ。

仔犬の頃は涙やけがひどく、その部分の毛がごっぞり抜けてしまったり、
食物アレルギーで痒がることが多かったので、えさは手作りするようになりました。

細かく刻んだ野菜と肉や卵を煮たものにフルビックアースミネラルを加えたり
豆腐や納豆も大好物です。

最近は「AMRITARA犬の健康を考える会」 会長のOさんおすすめの
野生の鹿肉を生のままあげています。
低脂肪で高たんぱく、ビタミン、ミネラル、酵素もたっぷり。

犬の本能が満たされるのか大喜びであっという間に完食。
食事内容に不満がある時はもっと食べたいと吠え続けていることが多い
(躾に失敗、、)のですが、大人しくなるので満足していただけるようです。


 

また、栄養素と消化酵素が豊富に含まれている
鹿が食べて消化された野草はおなかの中からきれいにしてくれるとか。
香りは少々気になります。


 

歯石が付いてしまっていて除去も考えていたのですが
全身麻酔での手術となるため躊躇っていたところ、朗報が。
こちらの骨を噛むことによって歯石の除去も期待できるそうです。


(画像はすべてEGサイクルさんのHPより)

わがままで鳴き声が大きく煩くてイライラしてしまう時もあるのですが
自分の心にゆとりがなかったと反省し、少しでも長生きしてもらいと願う日々です。

 

直営のアムリターラハウス表参道店、梅田店では
腸内環境を整えるペット用の酵母Happy  Floraも販売しております。
WEBでは人間用も発売されました。ぜひいちどお試しください。

 

amritara http://www.amritara.com

 

 

 

 

 

2017年5月31日

自由であること

みなさまこんにちは。
アムリターラのお菓子製造担当のmです。

日々、身体にできるだけ負担のかからないお菓子をと、想いを込めて作らせていただいております。

プライベートでは、

醤油を作ったり、

納豆を作ったり。


 

いつも、何かやったことのないものを作ってみたいと模索しています。

次なるチャレンジは麹作り。麹菌を買って作るのではなく、

稲麹から培養してみたいとネットをいろいろ調べ中です。


稲麹

 

少し前に映画を観ました。

「都市を耕す―エディブルシティ」

http://www.ediblecitythemovie.com/

タイトル通りのドキュメント映画で、
都市生活を営みながら食の問題や経済格差の問題に対するアメリカの、
各地域でのさまざまな取り組みを映し出した内容です。

上映後のシェアリングタイムにも参加してきました。
参加者は東京や神奈川、埼玉、千葉からと、
わりといろんな地域の方達と触れあうことのできたグループセッションで、
映画の感想とともに自分に出来ること、やっていること、これからやってみたいことなどを話し合いました。

映画を観、話し合いを通じて、
自分で出来ることは限られており、
誰かと一緒の方がやりやすいことも沢山あるんだなあと実感しました。

この映画を観て、すぐ近くで地域密着型での取り組みをしている方たちのことがよぎりました。

HELLOGARDEN

http://hellogarden.jp/

20代の若い方たちが住宅街の空き地を活用して、畑や、様々なワークショップを地元の学生や住人と一緒に盛り上げています。

何が素敵かって、彼らのセンスです。
デザインされてないのなら自分達でデザインする。
作れるものは何でも作ってみる。
わからない未知のものへの好奇心と探究心が満載で、そこにみな惹かれて集まってくるのだと思います。

いつも何かしら面白いことを発信してくれています。

一人で自宅で醤油を作るのも楽しいけれど、
こんな素敵な容器に入った醤油なら愛しくてちゃんと面倒もみれるはず!と、
先日行われた、HELLOGARDENの醤油作りWSに参加してきました。


醤油についてのフライヤーも分かりやすく、オシャレです。

並んでいるのは、当日仕込んだ醤油と1年寝かせた醤油です。

  
他にも曜日別や毎月定例のイベントなどもやっているので、
近くに行くことがあれば是非のぞいてみてください。

食べることは生きることだと思います。
でもいちばんは、自由であること。
選択があることは自由につながると思います。
ただし、自由には責任が伴います。
自らを由とするということは、自分で考えて選択をするということだと考えます。

楽しく自由に生活を営むために、
わたしは作ることを愛してやみません。
自分で作ってみると、
その道のひとたちがどれだけすごいかということも知ることができます。

アムリターラフーズの商品もひとつひとつにストーリーがあり、
人生で、その物語に触れることができるのは本当にありがたいことだなあといつも思っています。

 

amritara http://www.amritara.com

2017年5月24日

アルガンオイル工房見学

こんにちは。商品流通・購買担当のYです。
旅行好きのスタッフが多いアムリターラ。
私も例に漏れず、暇を見つけては色々な場所を訪れています。
アムリターラスタッフに旅行好きが多い一因として、お休みがとりやすい社風であることがあげられると思います。
昨年末、年末年始休暇やリフレッシュ休暇を組み合わせ、なんと私は20日間(!)もお休みを頂き、念願のモロッコ・スペインを訪れました!
モロッコいえば、アルガンオイルやローズウォーターといった美容の国!
私もアルガンオイルの工房を訪れる機会がありました。
アルガンツリーにたわわに実ったヤギさんたちがお出迎え!
ちなみにヤギさん、直立不動状態でした!
さて、アルガンオイルの工房では、手作業での搾油作業の一部を見せて頂きました。
こちらがアルガンの実。直径3~4cm程の実の中に、栄養豊富なオイルが・・!!
ここから手作業で種(仁)を取り出します。
こちらが、取り出した種(仁)を焙煎したもの。
どうしても味が気になったので少しだけ頂いたのですが、苦みと渋みがあり、とても個性的なお味!
現地の人は召し上がらないとのことでした。
こちらを石臼のような搾油機で磨り潰すと…
とろーりとペースト状の油が!
この段階では種(仁)のペーストも含まれているため、更に静置沈殿させたりフィルターで濾していき、分離させていくとのこと。
搾油後の、丸められたアルガンオイル。
まるで黒糖のような甘~くて香ばしい香りが・・!思わず涎がじゅるり。
試食可能か聞いたのですが、さすがにこちらは不可でした。笑
モロッコでは美容向けはもちろん、食事にも用いられるアルガンオイル。
アムリターラでは、アルガンオイル(アルガニアスピノサ核油)をローズエナジークリームやファンタスティックアロマクリーミーチークなどに使用しています。
遠い異国の地に思いを馳せながら、お肌を守ってくれる植物の恵みと生産者の皆様に感謝の日々です!
世界中から厳選された、選りすぐりの植物たちの力が詰まったお化粧品のラベルを見ながら、次の旅行先を決めるのも面白いかもしれませんね!
amritara http://www.amritara.com

次ページへ »

Copyright (c) Phytoenergy Cosme Blog All rights reserved. Phytoenergy Cosme Blog is powered by WordPress.