2016年9月21日

AMRITARAのご紹介

みなさまこんにちは!財務・人事担当のMです。
台風が去る度、少しずつ過ごしやすくなって来ましたね。

さてさてみなさま、現在AMRITARAでは新しい仲間を募集しています。
ご存知でした??

面接をする度に反省するのですが、果たしてせっかく応募頂いた方々にAMRITARAについて伝えきれているのか?
限られた面接時間では応募者の方へ聞きたいことがいっぱいあり、本当は応募者の方が知りたいと思うことを説明できていなかったかも。。。
ということで、今回は反省かたがた、この場を借りてAMRITARAについてご紹介したいと思います!

お伝えしたい事はいっぱいありますが、今回は特に気になるAMRITARAの日常について焦点当てて参ります。
応募を迷っている方は決断の一助に、AMRITARAご愛用者様にはさらにAMRITARAを知って頂く機会になれば幸いです!

8:30 出社
社員は8:30~9:30の間に出社します。
なんと!AMRITARAでは出社時間が3つのシフトから選べます!
アフター5(5じゃないけど)を充実したい人は8:30に出社し、バリバリ仕事をこなして17:30には退社!

習い事やサークル、自分自身を高める時間に充てています。


9:30出社チームが揃ったら、本社社員全員で朝礼です。
伝達事項を共有し、全員顔を合わせてご挨拶。
気持ちの良い朝のスタートですね。

朝礼後は、ミーティング、来客対応、デスクワーク、それぞれが集中して取組みます。


 

AMRITARAではワーク・ライフ・バランスを重視しています。

社員にはぜひプライベートも充実して送ってもらい、そのパワーを仕事でも活かして頂き、良い循環つ作って行きたいと思っているからです。

なので、なるべく残業はしないよう、社員それぞれが工夫して残業しない体制づくりに取り組んでいます。


軽いミーティングではよくカフェスペースが利用されます。
ナチュラル空間での作業は、新しい物を想像するには最適です!

集中して作業したいときはカウンターがおすすめ。
自席では電話やちょっとした話しかけで集中が途切れてしましますからね。

12:00 さあ、お昼です!

AMRITARAでは週2回オーガニック素材のお弁当が支給されます。
補助でなく支給です!!
ここに想いの強さが表れております。

社員にはまだ未婚の男子も多く、食生活を心配する会社の親心なのです。


 

お昼も食べたし、午後も頑張るか~。
・・・不本意にも眠気が。。。そんな時におすすめがリフレッシュタイム!


なんと!就業時間中に15分ほどマッサージチェアによる癒やしが与えれます。
15分後には頭すっきり。元気に前線に戻って行きます。

 

こちらはカフェ。


アムリターラのカフェエリアでは、オーガニックコーヒー、ハーブティー、炭酸水、有機みかんジュース、

ノンアルコールビールなど、社員が自由に飲めるドリンク類が取り揃えられています。

一部有料なドリンクもありますが、会社の補助があり低価格で提供されています。

ミーティング途中の気分転換に、一仕事終えたご褒美に、社員それぞれが上手く活用しています。

秋にはアルコール類の取り扱いを始める予定で、18時以降には軽く一杯!など

社員同士でプチ飲み会、また一日の疲れを癒やす場として提供する予定です。

15:00 ちょっと小腹が。。。

AMRITARA工房では日々新商品の開発に余念がありません。
ここのレシピをこうしたら~などお客様にさらに喜んで頂ける商品を目指し、微調整の毎日です。

その試作スイーツをどこよりも早く頂けたりします。
社員の率直な意見はさらに商品づくりに活かされます。


 

しかし、口寂しい時のおすすめはamritara FOODS「いわしの煮干し」
塩気が欲しい時、ほんとにおすすめです。

だって、ダシですから!ダシ食べちゃってますから!
スナック菓子好きさんはお気を付けを。スナック菓子では満足できなくなりますよ~。


他のブログでもご紹介していますが、社員は自社商品の大ファンです。
そんな大ファンにお応えして、スタッフには社員割引が用意されています!

自分用然り、大切な家族、布教??したい友人などにプレゼントなどなど、給料の半分近くをつぎ込む大ファンもいたりします(笑)

AMRITARAでは今年新しく9名の仲間を迎えました。
来年には産休メンバー5名が戻ってきてくれます。

広いオフィスに移転して新規一転、一緒にこだわりの商品づくりをしませんか?

今後も(先日のブロクでもご紹介していますが)天然素材にこだわったBIOオフィス、AMRITARAの子育て支援などなど、まだまだお伝えしきれていない部分もご紹介してゆきたいと思います。

みなさまからのご応募、心よりお待ちしております!

 

2016年9月9日

THE 無農薬 DIVE!

皆さま、こんにちは。

品質管理を担当しています、S(♂)と申します。

友人の結婚式に呼ばれて伊豆高原にいってきました。

単なるリゾートウェディングかな、とおもっていましたが、なんとそこには深さ4mのプールが??

会場はダイビングの練習場でした。


 

変わったことが大好きな新郎が、結婚式はプールに飛びこんで、もてなしたいとのことでこの会場を選定したそうです。

その名も「THE WEDDING DIVE」!?

 

晴天の中、指輪の交換の後、新郎、新婦がプールに向かってDIVE!

続いて、来賓もDIVE!DIVE!DIVE!

ずぶ濡れになりながら会場が一つになってお二人を祝福しました。

 

こちらのダイビング施設はローズガーデンが併設されていました。

 

食事そっちのけでハーブや花と戯れていたところ、施設のスタッフさんに声をかけられました。

「このローズガーデンはすべて無農薬なんですよ。」

 

!!!

 

こちらのオーナーさんは長年イタリアに住んでいて、施設一つ一つがヨーロッパリゾートの佇まいでとてもこだわって設計されています。

なので、TV番組のロケやアイドルの撮影会でもよく使われているそうです。


ローズガーデンも無農薬にとことんごだわって朝早くからバラの虫取りをおこなって、毎日手入れを欠かさずおこなっています。

ここの一押しのバラは【リージャン ロード クライマー】


1993年頃に中国雲南省の麗江路(リージャン・ロード)沿いに植栽されていたのを、イギリス人のRoger PhillipsとMartyn Rixによって発見され、この名前がついたと云われています。

五年前にここで日本で初めて栽培が成功して、その栽培方法を元に各地で生産されるようになったとのことです。

一つの根から何本かの太い畝が分岐して大きく広がって、どんな環境に耐えられるよう進化した自然交配種の力強さを感じます。


リージャン ロード クライマーの花びらを使った薔薇ジャムは、販売されるとたちまち売り切れで来年分の予約もはいっているとのことでした。

今はシーズンではないので食べられず。。。

見ごろの4~5月にまた遊びに行きたいと思います。

こちらでは、希少な伊豆牛と無農薬の近江米をつかったランチも食べられますので、お近くに行った際は是非どうぞ!

Marine Zorro Resort

http://www.marine-zorro.co.jp/


 

無農薬のローズと言えば、アムリターラでも鹿児島県産ダマスクローズのクリームパックがもうすぐ新発売します。

こちらは日本で唯一有機JAS認証を取得したローズ園のダマスクローズの蒸留水とインヒューズドローズオイルをWで使用したマスクです。


通常、ダマスクローズを蒸留した場合、蒸留水部分と精油部分に分けられますが、こちらのローズウォーターは精油と蒸留水を分けてしまわず、
そのままにしているというとても贅沢な香り高い極上品です。

まるでダマスクローズの香りの海にダイブ!しているような幸せな気分が味わえます。

みなさま、ぜひお試しくださいませ。

 

http://www.amritara.com/facepack/?mv01

 

2016年8月31日

種を撒くよろこび

こんにちは デザイナーの本村です。

突然ですが、我が家ではなかなか面白いグリーンを育てています。

まずは、最近人気のあるコウモリランと呼ばれるシダ植物。


今年の夏に大きく成長し

なかなか見栄えの良い姿に成長してくれました。

鹿の角のような葉がはえる可愛いやつです。

 

 

もう一つは食虫植物、ウツボカズラ


 

こちらも冬に元気がなく心配していたのですが

お風呂場にうつしたところ 環境があっていたようで、

立派な捕虫袋がいくつもつけています。

 

どちらもちいさな株を購入したものですが、

一日一日と少しずつ、でも確実に成長する姿を目にすることは

ささやかな喜びを与えてくれます。

 

けれども私は知ってしまいました。

まいた種が芽吹き成長していくことを見守ることの喜びを、

そしてそれはエキサイティングであることを。

生まれるところから立ち会ったという感覚からなのか

葉っぱが一枚増えたそれだけでも、湧き上がる嬉しさは

子供の成長を見守る親のそれなのでしょうか…

小学生の時の朝顔になにも感じなかったのに不思議です。

 

我が子達を少しご紹介。いまベランダには、

種から育てた宇宙芋、菊芋、バジル、ルッコラがおります。

 

支柱を立てたのに一向に絡みつかず、隣の流木にちょっかいをだし続ける宇宙芋。

こちらはアムリターラとは縁深い中津江村に自生する宇宙芋を植えたものです。

見えづらいですが蔦がかなりなが~く伸びています。


 

菊芋も頂いたのを忘れてしまい根が生えたものを試しに土に入れてみたら

ワサワサと元気よく葉をつけてくれました。

芽がちゃんとでたときには「となりのトトロ」の様に小躍りしました。

お店で売っているお野菜と違い生命力の強さを感じます。


 

植物の成長はサボることがなく着実で、

人間もこうありたいなと思いながら

植物たちに癒やされる日々はなかなか豊かなものだと感じています。

 

先日はアムリターラの種プレゼントキャンペーンが大好評のうちに終了しました。

無農薬・無肥料で栽培・種取りをした自家採種の種を、

全社員で丁寧に袋詰めした可愛い種たちです。

手にされた方には是非種をまき、その成長を見守っていただけたらなと思います。


 

株式会社AMRITARA http://www.amritara.com/

2016年8月22日

事務所の移転、そして自宅も模様替え。

こんにちは、財務担当の小坂です。毎日暑い日が続いておりますが、皆さんお体は大丈夫でしょうか?

 

さて、少し前になるのですが、6月20日に当社のオフィスが祐天寺に移転しました。

かなり社員が増えて来たのと、会議室が足りずに外の喫茶店で打合せをしたり、モノで埋もれそうになっていたので、新しいオフィスに移転することになったのです。

色んな場所を探したのですが、いい物件との出会いもあって、祐天寺に決まりました。

今までのオフィスがあった神宮前は、とにかくアパレルやブランドショップ、そして美容室が多い街でしたが、一転祐天寺は住宅街で、あまりオフィスがある感じではないのですが、色んなお店があって親しみやすい感じです。

 

今回は移転にあたって、こだわりの商品づくりを行うアムリターラとして、オフィスの内装にもこだわりたい!ということで内装にかなり大幅に手を加えることになりました。

レイアウトやオフィスのコンセプト等を専門のデザイン会社さんにお任せすることにし、施工も自然住宅を専門にしている工務店さんにお願いしました。

 

今回のこだわりはとにかく内装すべてを自然素材で作ること、なるべく体への負担を減らすこと、そしてそれにより社員の皆やいらっしゃるお客様が気持ちよくいられる空間を目指しました。

床や建具、それにデスクは国産の低温乾燥の無垢材、壁は漆喰、床の間には電磁波防止シートを張る徹底ぶりです。

 

デザインとしてはまず食にもこだわる当社なのでキッチンは絶対に作りたい、しかも本格的なものを、ということであえてスペースの真ん中の目立つ所にアイランド型のキッチンを作ることに。

そしてその周りにカフェスペースも作って、ご飯を食べたりお茶をしたりカジュアルなミーティングなどが出来るスペースも設けました。

カフェスペースは天井を抜いて、広がりのある空間にしました。さらに壁一面にカウンター席を設けて自分の作業に没頭出来る環境にしました。

 

入口近くには大小二つの会議室を作り、さらに大きな会議室の仕切りの引き戸を開け放つと、カフェスペースと繋がってかなり広い空間になるようにしました。

そこでセミナーや小さな発表会などが開いたり出来るようになりました。


そして奥の半分はオフィス部分です。ここで一番大変だったのはいかに社員の座席と荷物の置ける棚を多く確保するかということでした。

オフィス部分にも会議室や倉庫、カスタマーサポート室、品質検査室など必要なものを配置し、さらに今回休憩室も是非作りたい!という事でかなり詰め込みましたので、肝心の社員の座席スペースを確保するのが大変でした。

最初はリンク型や背面型など個性的な座席配置を検討したのですが、やはり一番多くの座席数が取れる一般的な島型になりました。

リンク型
背面型 (出典:ビルNAVIニュース)


あとは荷物を置く棚の配置も大変でした。より多くの物が置け、なおかつ使いやすい配置を、何日も悩みました。

レイアウトの図面を毎日食事の時もトイレ!?の時も離さずずっと眺めて試行錯誤の毎日でした。

おかげでかなり自分では納得のいくレイアウトに仕上がったと思っています。

ちなみに休憩室は超減農薬の畳敷きで、マッサージ機も完備しています。社員は各自毎日15分間は自由に使えるようになっています。

毎週火曜と木曜は会社からオーガニック弁当を支給して、皆で食べるようにしたり、オーガニックジュースなども買えるようにして、カフェを活用しやすくしています。

キッチンで味噌汁を作ったりする人もいます。


本当にこだわった空間になったので、イベントなどを通じて色んな方に体験して頂ければと思っています。

 

そして、オフィスに触発されて、自宅も最近模様替えをしました。

今までテーブルと椅子の生活から、ちゃぶ台と座椅子の生活に変えました。

家具はヒノキクラフトさんという檜の無垢材で作っている家具屋さんのもの、床には熊本県の超減農薬のい草で作ったマットを敷いています。

ヒノキクラフト→ http://hinokicraft.jp/

檜とい草のとてもいい香りがして、毎日いい気持ちで生活が出来ます。

これから少しずつ、家具を無垢材のものに変えていこうと思います。


 

株式会社AMRITARA
http://www.amritara.com/

 

2016年8月15日

真夏の田んぼ

こんにちは。
工房勤務の笹尾(♀)です。

オリンピック真っ盛りのこの夏、アーユルヴェーダの生活習慣に従って、普段は23時前に就寝の我が家も、夜更かしの毎日が続いています。

さて毎度、同じネタで恐縮ですが、今回は真夏のうちの田んぼの様子を紹介させてください。
オリンピックは4年に一度の盛り上がりですが、お米作りは同じ作業の繰り返しのようでいて、続けていると、毎年いろいろなことが違っておもしろいのです。

千葉の田んぼは、ほとんどが早場米を育てているので、周りの田んぼでは、もう稲刈りができそうなくらい、お米がたわわに実っています。
それとくらべると、土と太陽と自然の力だけで育っていくうちの稲たちは、だいぶのんびりです。
それでも、田植えの時には水の上にちょこっと顔を出しているくらいだった稲も、7月にもなると、こんなに大きくなりました!


で、真夏の田んぼといえば、草引き!
あたり前ですが、無農薬無肥料のうちの田んぼ、夏にかけては、稲以外の草や藻も、ものすごーくよく育ちます。
正直、稲より丈夫で、稲より速く、稲より元気に、ぐんぐん育ちます。
雑草という名の草はないといいますが、こちらの都合を言わせていただけば、やっぱり稲たちに一番元気に育って欲しいので、勝手ながら、その他の草は一網打尽に引っこ抜いていく、ということになるわけです。

特に大事なのは田植えからの約一ヶ月。
この間に、土の恵みをどれほど稲の栄養にできるかが今年の実りを決めるので、お米の花が開く7月下旬までは、毎週かかさず草引きに通います。

田んぼに生える草はいろいろあって、クログアイだったり、オモダカ、マツバイ、、、と、年によって一番元気な草が変わるのですが、、、、
今年は、この「コナギ」に泣かされました!


もうだいぶ草引きした後なので、こんなもの? とお思いかもしれません。
最初は、これが田んぼの一面中を覆い尽くしておりました! おおー(!!!!泣)
しかも、コナギたちは成長も速いし、なにしろしぶとい。
先週、ほとんど抜いた!、と帰っても、今週来てみれば、また一面のコナギだらけ、、、の繰り返しでした。

7月にもなると、稲はわたしの腰よりも高くなります。
稲の間をかきわけながら、こんな風に、そのなかに埋もれるように腰をかがめて、ひとつずつ根っこから草を抜いていきます。


田んぼの中って、水があるから結構涼しいかと思いませんか?
それが、真夏はまったく違うんです!
足元の水は太陽で温まってほぼお湯、稲の中では風もまったくあたらないので、ものすごくムシムシして、10分もすればサウナ以上に汗が吹き出てきます!

熱中症には本当に注意して早朝から作業しないといけないのですが、都会では考えられないほどの大量の汗をかいた後は、心地よい疲労感とともに、体も軽くなったようで本当に爽快!!
私たちの間では「田んぼデトックス」と称しております。

そして7月末から今頃の田んぼでは、2~3時間しか咲かないという、こんなお米の花が満開です。
このお米の花が開いたら、田んぼの中の草引きは終了。
お米たち自身が、作業の区切りを教えてくれるなんて、素敵だなと、毎年思います。


田んぼのあぜでは今年、大豆と小豆、さつま芋を育てています。
田植えの後に種をまき、つる苗を植え付けたあぜは、こんな一面の緑です。


お米もあぜの作物も、当然ながら肥料も除草剤もまったく使わず、土と太陽と植物自身の力で、すごい勢いで青々とした葉を茂らせ、花を咲かせ、実をつけ始めています。

しかも、これは今年限りのことではありません。
毎年、です。
植物のそのものの力、自然の力の大きさって、本当にはかり知れませんね。

工房では今、来年の秋以降の発売をめざして、新しいスイーツ作りを進めています。
そのプロセスで、こだわりをもって材料を吟味していくと、すばらしい素材に出会うことが多々あります。
そんなときに、素材を育んでくれる自然の力の大きさに心を打たれますし、それ以上の手を人が加えることの意味を、改めて考えてしまいます。

そんな素材との出会いに感謝しながら、その力を十分に味わっていただける、アムリターラらしいお菓子をめざして、試行錯誤しているこの頃です。

 

株式会社AMRITARA
http://www.amritara.com/

次ページへ »

Copyright (c) Phytoenergy Cosme Blog All rights reserved. Phytoenergy Cosme Blog is powered by WordPress.