2017年10月16日

食についての徒然なる雑感

 

こんにちは。ライターのNです。

ここに私の好きな本があります。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特に、筒井ともみさんの「舌の記憶」という作品が好きで、

出会ってからおそらく7〜8年は経っていると思いますが、

今まで数え切れないほど繰り返し読んできました。

(江國香織さんがご自身のエッセイで紹介していたのが、

この本を知ったきっかけです。)

 

著者の筒井さんの幼い頃の思い出、

お母さんが作ってくれた様々な食べ物にまつわることを、

思い出のエピソードとして綴ったエッセイ集です。

(武田百合子さんの「ことばの食卓」も素晴らしい。)

 

 

料理が食卓に並ぶまでの、細々とした下準備のこと

食卓を囲む家族に関する、子供ならではの(でも、とても鋭い)洞察

旬の食材を使った、季節を感じる献立の数々

 

 

大根の早漬けと煮凍り、鉄釜で炊いたご飯の朝食

小豆を厚鍋で炊き、餡を練り上げて作る「おはぎ」

特別な日の茶碗蒸しや、庭で摘んだミョウガを入れる水とん、などなど

 

 

まだ物が圧倒的に少なかった時代の、手間暇かけた下ごしらえや

美味しくいただくための心配り

幼い頃のエピソードなのに、鮮明に繊細に描かれていることから

食の記憶とは深く刻まれるものなのだと、しみじみ感じます。

 

 

日々何かに追われているような気持ちになってしまう時

この本と手に取ると、

時間がないのではなくて、時間を作っていないのかな

と、立ち止まることができます。

 

 

さて、

我が家は夫と二人暮らしです。

仕事が忙しく、帰宅が0時を過ぎることが多い夫のために食事を準備して

私は先に寝てしまうことが多いのですが

疲れて帰ってきた夫を、ゴハンよ、私の代わりに癒しておくれ、

と念じながら毎日料理をしています。(笑)

時に煮魚、時に生姜焼き、時にお浸しや酢の物、(時に昨日の残りのカレー)

せっせと夫の疲れを癒しているはず。(と信じています。)

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

You are what you eat.

あなたは あなたの食べているもので できている

 

 

文字通り、栄養面でもそうですが

きっと、料理をする人の気持ちも、あなたを支えている

私はそう思います。

 

 

 

最後に

美味しいゴハンで私を育ててくれた最愛の母に

心からの感謝を。

 

 

 

2017年10月10日

お気に入りドリンク♪

みなさま、こんにちは。

カスタマーサポートの小林です。

急に肌寒くなり秋も深まりましたが、先日は中秋の名月きれいでしたね♪

毎日バタバタとしがちですが、月を眺めていると、優しい光に癒され

元気をもらえる気がします。

 

パワーチャージといえば、先日、多摩動物公園へ出かけました。


 

 

 

 

 

 

(※こちらの画像はお借りしました。)

 

園内はとても広く丘陵地にあるため、途中シャトルバスもあるのですが、なんと運休・・・!

ベビーカーでの登り坂は大変でしたが、動物と自然に癒され、良い運動になりました。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

動物好きの息子は大喜びで、新しい動物を見つけるたびに

「乗る?のる?」

と言ってはしゃいでいました(笑)

本やテレビで見るのとは違い、直接ふれあえる機会は大事ですね。

 

午前中は、お隣の「京王れーるランド」で遊び、夕方まで目一杯遊びました。

こちらもお子さまには本当におすすめなので、ご興味がありましたらぜひ動物園とハシゴしてみてくださいね♪

 

さて、帰宅後のドリンクはアロエベラジュースでひと休み。

アロエベラのプリッとした食感があるので、小腹が空いた時によく飲んでいます♪


 

 

 

 

 

 

アロエベラの薬効については、昔から広く知られていますが、なんと200種類以上にもおよぶ成分を含有するスーパーフード!

年齢を問わず、健康と美容におすすめです。

アロエは独特の苦味や青臭さで敬遠される方もいらっしゃいますが、

アムリターラのアロエベラジュースは、シークァーサーの爽やかな味わいと

アガベシロップのほのかな甘味が絶妙で、息子も大好きな味わいです。

グラスの底に残った僅かなアロエも、スプーンですくって食べるほどです!

よかったら、お試しになってみてくださいね☆

 

<沖縄アロエベラの贅沢あら搾り フルーティー粒食感>

http://www.amritara.com/fs/amritara/c/otherdrink07

 

 

2017年9月30日

祐気取り

皆さま、こんにちは。

品質管理を担当しています、Sと申します。

 

占いのお師匠様に、 学んだことを実践するために北西に行って来なさい!? と言われ、

祐気取りのために 先日、秩父にあります、三峰神社に行ってきました。

(祐気取りとは、その人の吉方である場所へ旅行をして

「祐気(良い気)」を体に浴び吸収して帰宅する開運法です。)

 

 

東京から、電車とバスを乗りついで約2時間、 秩父の山奥にある秩父神社・宝登山神社とともに秩父三社の一社である神社です。

三峯神社は、標高1,100mの位置にあり、とても心地よい空気がながれています。

 

祐気取りの方法は、占いの先生や流派によってもさまざまだと思いますので 私が実際にしたことを綴ってみます。

 

 

【温泉に入る】

三峰神社の境内に宿泊施設があり、その中に日帰り温泉浴場があって ゆっくりつかってきました。 ナトリウム~塩化温泉で、とても肌によさそうな泉質でした。

 

 

【水を取る】

吉方位で湧いている生水を持ち帰り、その水を数日にかけて飲む方法。 今回は社務所でお水が販売していたのでそちらで代用しました。

 

 

【地産物を食べる】

三峰神社の境内に食堂があって そこに、

秩父産しいたけ使用、『しいたけ丼』

と入り口に大きく貼ってあったので、注文しました。

 

からっと揚がった、肉厚のしいたけが三枚乗って

ボリュームがあって ウスターソースとお好みで山椒をあわせると、しいたけの風味と甘みが引き立ちます。

しいたけのジューシーな歯ごたえは、ご飯がとてもすすむ美味しさでした。


 

しいたけは放射性物質を吸いやすい食品なことが、いつも少し気がかりですが
よく考えたらアムリターラにあるじゃないか!

今度自分で『しいたけ丼』を作ってみようと思います☆

大分県産原木乾しいたけ<匠こうこ>


 

祐気取りを実践して、いい運気をもらってきましたが、

はてさて、どんないいことが起こるか!?

結果について、何かあった場合は、次回のブログでお知らせいたします。

http://www.amritara.com/

 

2017年9月21日

自宅の改装

皆さまこんにちは、財務担当の小坂です。
最近はすっかり涼しくなって、大分秋になってきましたね。
台風の季節でもありますね。

さて、私事でありますが、最近引越しをしました。それを機になるべくナチュラルな環境にしたいと思い、自宅を改装することにしました。

工事は会社のオフィスも手掛けて頂いた磯﨑工務店様にお願いしました。
全ての材料を自然素材で仕上げて頂ける、素晴らしい工務店さんです。

床は元々フローリングなのですが、そこに上から杉の木の無垢材を増張りしました。
部屋は賃貸なので釘で固定したりせずに、隙間なく木材を敷き詰めていく工法を採用しました。これだと既存の床に傷をつけません。

多少キシキシと音はしますが、そんなに気にならない程度で、利点としては今度引っ越すときも外して持っていけて次の所でもまた再利用できるんです。
歩いてみると、床は温かみがあって、肌触りも良く裸足で歩くのがむしろ気持ちいい感じです。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑部屋の床です。壁も分かりにくいですが、漆喰を塗っています。

床には自分たちでWAXを塗りました。これは会社でも床に塗っている、鹿児島県産の無農薬の椿オイルと未漂白の蜜蝋を混ぜただけのものです。
かなり時間がかかりましたが、やはり塗ると艶が違います。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑分かりにくいですが、奥がWAXを塗ったところです。

 

壁も寝室だけではありますが、漆喰を塗りました。
やはり一番多く時間を過ごすのは寝室で、寝ている間に吸い込んでいる空気をなるべく綺麗にしたいと思ったのです。
実際に部屋でいると、空気が澄んでいる気がします。

家具も買い替える必要があるものについては、なるべく杉や檜の無垢材で無塗装のものにしました。
部屋にいると自然な木の香りがしてすごく癒されます。
しかも使っていると味が出てくるので、長く使えそうな気がします。

カーテンも自然素材のものにしたくて、麻素材のものにしました。
心なしか漏れてくる光も柔らかなものになった気がします。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑ 朝の日差しを受けたカーテンです。

ここまでこだわると次は自然住宅を建てないと気が済まない気がしてきました、、、。

家具ひとつでも無垢材のものにすると、香りや雰囲気も違いますので、模様替えをする際に是非お試し下さい。

AMRITARA

http://www.amritara.com/

2017年9月13日

夏風邪にはこれっ!

こんにちは、営業担当のNと申します。

夏も終盤で梅雨のような感じの日々が続いたりもう秋?
というような日もあったりしますがいかがお過ごしでしょうか。

私事ですが少し前にひどい風邪を引いて会社を休んでしまいました。

会社を休むような風邪は3~4年ぶりのことです。

風邪の引き始めはのど痛からはじまる事が多いと思います。
のど痛を感じたら 梅肉エキス、プロポリススプレー、春ウコン、の
トリプルアイテム多めの摂取で治癒に持っていけてたのですが
今回のど痛を感じたときに実家の広島に帰省していて
トリプルアイテムが手元になく即対応できず、3日後自宅に戻ったときには
時すでに遅しで熱が出てダウンということになってしました。

今回の風邪は熱の後、鼻水が大量に出てとまらないという特徴の症状でした。
この状態まできてしまうと免疫力UPアイテムも加えたほうが良いと思い
トリプルアイテムに金時しょうがも加え
少し鼻水が長引きましたがデトックスを終え先日無事完治しました。

そんな中で毎日飲んでいた金時しょうがドリンクが
回復の一助となりましたのでご紹介させていただきます。

金時しょうがはからみが強いというのと
溶けにくい特徴があると思うのですが両方のマイナスポイントを
改善したレシピです。

用意するのは、ごぼう茶、紅茶、無調整豆乳、金時しょうが。

まずごぼう茶と紅茶を半々位で小なべなどに水も入れ煮出していきます。
火にかけたら煮立つ前に大きめマグカップに金時しょうが小さじ1~3を入れ
少量の豆乳で糊状になるよう練って溶かします。
溶けたらさらに豆乳をお好みの豆乳具合で少しずつまぜ入れて
溶かし豆乳金時しょうがを作ります。

マグカップに煮立ったごぼう茶、紅茶を適量入れて混ぜたら完成です。

豆乳の量は多すぎるとおなかに溜まりますので
全体量の1/5から多くても1/4位までがお勧めでしょうか。

金時しょうががダマにもならず豆乳で辛さも抑えられマイルドで飲みやすくお勧めです。



いやー 久々に風邪で寝込んだりすると、普段健康でいられることの
ありがたみを再認識させられますね。 
元気に生きていられることに感謝!



金時しょうが
http://www.amritara.com/fs/amritara/c/otherdrink02

和紅茶
http://www.amritara.com/fs/amritara/tea01/f624


ごぼう茶は直営店のアムリターラハウスでも販売しています。
先日から希少な自然栽培のごぼう茶も販売中ですので
お近くに行った際はぜひお立ち寄り下さいませ。



次ページへ »

Copyright (c) Phytoenergy Cosme Blog All rights reserved. Phytoenergy Cosme Blog is powered by WordPress.