2018年12月13日

美味しいたべもの。

みんさま、こんにちは!
アムリターラ営業の田之本です。

いよいよ今年も終わりに近づいてきました。
師走らしい寒さにもなり、年末が一気に押し寄せてきた感じがしますね。

年末年始のお楽しみといえば、「おせち料理」。
そこそこ晩婚の私は、ここ数年はクリスマスが終わると同時に
自宅の大掃除と並行して「おせち料理」づくりを、楽しんでいます。

毎年のように「もっとアムリターラフーズを使った、本格おせち料理が作りたい~!」と思っていたところ、
アムリターラでも大変お世話になっている
「未来につなぐ自然食研究会」井谷久美さんの「おせち講習会」があると伺い、
一念発起。参加してきました!


レッスンもそこそこ(失礼!)に、私も参加者みなさんもお腹が鳴るばかり。

自然栽培の野菜、天然物の魚、そしてアムリターラの調味料やフーズ・・。
見た目の美しさはもちろん、本格的で、とっても美味しかった!!

伊達巻、くるみ艶煮、鰆の味噌粕漬け、黒豆、紅白柚子香なます・・・
食べに食べた・・いや、しっかり久美先生のデモンストレーションに釘付けでした。


身体に優しいデザートも含め、その品数なんと17品。
その中でも、これは絶対に作ろう!と思ったのは白味噌を使った「お雑煮」です。
名古屋人の私にとって、味噌仕立ては嬉しい。

やさしくて甘い白味噌の香り。お出汁と合せ円やかなコク。
上品なお味にノックアウト。最高です。

☆関西風お雑煮☆

出汁150gに、里芋、大根、人参を入れ火にかけ柔らかくなる頃、
お餅と白味噌30gを入れて炊きます。
お餅が柔らかくなったら出来上がり!


自然栽培の白味噌は甘ったるくなくて、とても食べやすいです。
もちろん使用したのは「アムリターラフーズ」。


https://www.amritara.com/fs/amritara/seasoning01/f712

年末年始は日本の風習を楽しめる時期だと思いますので、美味しいものと一緒に
味わい尽くしたいと思います。

どうぞ良いお年を・・!

2018年11月27日

糖質について

ブログをご覧の皆様、こんにちは。
アムリターラ営業の”I”です。

最近、ダイエッターの中でも「糖質制限」ブームになっていますね。
実は私も9月から糖質制限ダイエットを実践し、約2ヶ月で10kgの減量に成功しました。

もともと炭水化物大好き人間なので、
気を抜くとすぐに太ってしまいやすいのですが、
今回は気を抜きすぎてだいぶ肥えてしまいました…笑

糖質制限のロジックを少しご解説します。
人間のエネルギーとなるのは「糖質」と考えられていますが、
体内に糖質が少なくなった時には、中性脂肪を分解することで生まれる
「ケトン体」を使用するエネルギー回路が存在します。
体内に入る糖の量をコントロールすることで、
この回路を活性化してダイエット効果を得ることが「糖質制限ダイエット」です。
「ケトジェニック」とも呼ばれますね。

一般的にはカロリーや脂肪を気にするダイエットが多いと思いますが、
炭水化物を含む糖質のみを気にして食事をすればOKです。

NG食品は小麦(パン・麺など)、イモ、米、そして糖質。
OK食品は葉もの野菜や、大豆、魚、肉など。

朝はケトン体回路を目覚めさせるため、通常の食事ではなく
ポリフェノールの一種であるクロロゲン酸を多く含んだ浅煎りのコーヒーに、
「MCTオイル」と「グラスフェッドバター」を攪拌させた「バターコーヒー」を飲みます。

「MCTオイル」はMedium Chain Triglyceride=中鎖脂肪酸と呼ばれ、
ココナッツオイルなどに含まれる脂肪酸です。
エネルギーになりやすい脂肪酸であり、
ケトン体生成を促進する効果があると言われています。

また「グラスフェッドバター」は一般的な穀物飼料(グレインフェッド)ではなく、
牧草飼料(グラスフェッド)を食べて育ち、抗生剤やホルモン剤などを投薬せずに
放牧された牛からとれるバターとなります。
満腹感を持続させ、良質なビタミンなどの栄養素も多く含むと言われています。

それらを攪拌することによって、より吸収性が高まるとのこと。

朝のバターコーヒー以外は、OK食品のみをとるようにし、
ジムで基礎代謝を上げやすくする大きな部分の筋肉のウエイトトレーニングと、
バイクやランニングの有酸素運動を組み合わせ、週2くらいの頻度で通いました。

糖は依存性があり、常に糖質をエネルギー源として使用していると、
血中に糖がなくなった時にまた糖を欲します。
これが負のサイクルとなって、糖質が過剰になると
余分な糖質は中性脂肪として体内に蓄積され、
「太る」という状態になります。

そんな生活を送っていた私としては非常にタイムリーに
アムリターラから「糖化」に着目したクリームとサプリメントが発売となりました。


「糖化」とは過剰な糖質で血糖値が急激に上がった時に、
体内のたんぱく質と糖質が結合し劣化してしまう現象のことです。

よく糖化は「焦げる」と比喩されることがあります。
食パンでイメージするととても分かりやすいと思います。
生の食パンはフニフニとしていて柔らかく、色も白いですよね。
これをトースターで焼くとパリっと硬くなり、茶色くなります。

肌だけでなく、全身のたんぱく質で同じような現象が起こって
美容健康に様々な悪影響を与えてしまうことを考えると、
糖質との付き合い方について考えさせられますよね…!

店頭ではアムリターラハウスやコスメキッチン、ビープル、
イオンボディなどでご購入いただけます。
(一部取扱いのない店舗もあります。)

ぜひ店頭でお試しくださいませ!

https://www.amritara.com/

2018年11月20日

私を救ってくれるもの

こんにちは
カスタマーサポートの “I”  です


朝晩の寒さが、日毎に増してきた

クローゼットから厚手のコートを手に取り
ショールなどの冬小物を準備していると
もう今年も残り少ないことを実感する

今朝、起きがけに感じた“喉”の違和感・・・

日頃、皆さまからのお悩みをカウンセリングさせていただく身として
「声の仕事」が主になるため、乾燥が酷くなるこの季節は
どうしても“喉”に症状が出やすくなる

咳き込んでしまっても失礼だし
つぶれたガラガラ声ではお聞き苦しい
何よりお客様が
リラックスしてお話ししづらくなってしまう

「なんだかイガイガして調子が悪いな」と感じたら
すぐにセットする私の大好きなアイテム


しっかりとした甘さとコクが
喉の粘膜を保護してくれるような気がして
お気に入りの1杯

気がついたら、9月に開封したものは空になってしまい
すかさず新しい箱を開ける
ストックしておいて本当に良かった

今の時期は、温かいお湯で溶いて「金時ショウガ」も入れてMIX

ガツン!とした味がお好みの方は少し多めに
風味を付けたい時にはレモンなどをお好みで

頂き物の自然栽培の柚子があったので、今日は柚子風味

なんとも言えない良い香り♪
思わず深呼吸

そして
またひとくち

大好きな香りと
甘い美味しさを味わう

身も心も温まったら
また気を引き締めて受話器を取る

「アムリターラでございます。
今日はどのようなお悩みになりますか?」

いつもの会話がスタートする

お声をお聞かせくださった皆さまが、今日も健やかでありますように

2018年11月12日

お米の命~水源をめぐる旅

みなさま
こんにちは

商品開発・バイヤーをしているKです

気がついたら11月です
そして新米の季節です!

みなさんは、新米のおいしさをどう感じ、
またどう表現(評価)されますか?

私は、「お米が吸収して育った水」の味わいを感じます
大げさではありません!

お米は水田で育つ植物
古くは、いわゆる野生の稲が生えていたであろう地域(インド北東部~ラオス西部といった中国南西部以南、また揚子江エリアなど)で、
いずれにしろ水辺に生える野生の稲を継いできたのです

そう、水がなくては育ちません

きれいな水がお米の味に大きく反映するのは当然です

今秋、大分にあるアムリターラ田んぼの稲刈りのタイミングで、
我らが中津江村の最源流とされる「水のはじまり」を訪れることを皮切りに、
いくつかの農家さんの田んぼの水源を巡って参りました

まずはアムリターラ田んぼの位置する、最源流~
(ここぞ!とばかりに水に浸かっています)

続いては熊本県南阿蘇の大森さんの田んぼに注ぎ込む湧水地へ

その次は熊本県龍門の実取さんの田んぼに流れる天然水の源流

最後に熊本県山鹿の坂田さんの田んぼに流れ着く湧き水

自然栽培では、余計な肥料を補うことなく土壌と水のハーモニー、そして循環によって毎年の稲が育ちます
土壌のミネラルや微生物のつくりだす要素が植物に届けられるために水は必要です

もう一つ重要なのは、お米自身が育つのに欠かせない栄養素、ケイ素
ケイ素は要するに水晶(クリスタル)を構成するミネラルです
純度の高いクリスタルの振動数は、テラヘルツとも呼ばれ、あの有名な時計の技術でも同じみの、細かく規則的な振動(波動)です

稲作では、このケイ素が水の分子量や振動数にも影響し、
(もちろんそれだけではないですが)
極端に言えば、物質的なものもそうでないものも、水がエネルギーの橋渡しとなり、そして稲に伝えると考えます

だからこそ、分子量の小さい、汚染のされていない純粋な水が何よりも大切だと思います
汚染されていると、繊細な要素たち、エネルギーたちがお米に伝わりにくいのは当然ではないでしょうか

アムリターラで取り扱う「ライスシリカエキストラクト」で同じみの水溶性ケイ素も、稲の籾殻のおよそ9割を構成するといわれるケイ素を抽出した商品です

お米の連作障害の大きな原因はケイ素不足によるものともされ
主要な稲作地域ではここ数十年の間に土壌のケイ素が大幅に減少していると報告されています

ケイ素が減少した大きな理由は、水自体の汚染に加え、水田や昔ながらの用水路が、コンクリートなどでどんどん近代設備化されたことなのは明白です

そして天然の水系を辿った、それも源水に近いところで育つお米は、
すなわちケイ素が豊富なお水で育ったエネルギーいっぱいのお米と呼びたいです

今でも天然の湧水がそのまま引き込まれている田んぼにおける、お米の一番の違いは、水の味にあると言えましょう

アムリターラの新米(お米)は、どれも、水の良き場所で育った、何よりもピュアな自然栽培米です

そうそう、栽培農家さんを訪ねていつも思うのは、農家さんの人となりと思いが、お米に素直に伝わっているということ

今年のお米も、土と、水と、太陽と、農家さんのおもいで育ちました!

 

https://www.amritara.com/fs/amritara/c/rice?headerpc

2018年10月31日

入社1年と最近の食生活

システム担当の廣岡(♂)です。

今年の11月で入社から1年になります。
今回はこの1年を振り返ってみます。

業務にはシステムとしての知識は勿論のこと、会社が何を求め何を為さんとしているかを汲み取る力が必要になります。
私自身、この部分が至らないことが多く周りの方にサポートいただくことが多くありました。

ただそういった経験を通してわかったことは、この会社には【適材適所】というキーワードが凄く合うということです。
時間とお金をかけさえすれば多くの問題が解決することでしょう。
しかし必ずしも問題に対しての体制が整っているわけではありません。

そんな時、問題を俯瞰的に見て判断を下す人、情報を細かくチェックし取り扱う人…
私の周りにはそんな人達がいてくれました。
人には得手不得手ありますが、きちんと人なりの得意分野を発揮することで業務が円滑に回っていくのだと。

細かいことに気を配るのが苦手な私にはこういった存在はありがたく、いつも頼らせてもらっています。

2年目は自分がその輪の中でより活躍できるよう仕事に取り組んでいきたいと思います。



話は変わりまして、最近「18時間断食」というものに取り組んでいます。

自分の食生活に疑問を持ったからです。

栄養のバランスと適度な量の食事ができていれば気にすることなんてないですが、
私は残念ながらそうではなかったので、一つ改善をしたかった。

「食事を抜く」というところだけでみると、なんと安易な行動だろうと思われるかもしれませんが、
振り返ってみると、今までの自分はお腹が空いていなくともただ食事をしていたところがありました。

18時間という時間、食事の間隔をあけることにより当然お腹も空きます。

ここでようやく食事をしてみると、一口一口の満足感に満たされます。
食事を抜いたことで一食に量が集中するかと思いきやそうでもないんです。

このポイントというのが、【好きなものを食べること】です。

当然ですが食事をすることがストレスになることが一番良くないと思っています。
欲しい/欲しくないというサインを体が出しています。
必ずしもそのサインに気付けるわけではありません。

こういう生活の変化は自分の体が出すサインを確認する手段の一つとして有効なのではないかと思います。

私の取り組みは誰にでもお勧めできるような方法ではありません。
(低血糖になったり、逆に食後血糖値が上がりすぎる懸念もあります)

感じ方も違えば効果も変わってくるでしょう。
今回の【18時間断食】というキーワードで検索すると多くの効果を謳ったページが出てくるかと思います。

学説や文献で主に語られる内容ではなく感覚的な話に終始してしまいますが、
たまには「本当に体が欲しているか」ということを見つめなおすのも、また一つ自分の生活改善に役立つと思いました。

http://www.amritara.com

次ページへ »

Copyright (c) Phytoenergy Cosme Blog All rights reserved. Phytoenergy Cosme Blog is powered by WordPress.