2018年10月14日

アムリターラ稲刈り 2018

こんにちは。

商品開発担当の水野です。
すっかりと秋ですね。みなさまいかがお過ごしでしょうか?
さて、先日スタッフで毎年恒例アムリターラ稲刈り研修に行ってきました
大分県日田市中津江村にあるアムリターラ農園。
農薬や肥料も使わないこだわりの自社農園です!!



前日はあいにくの雨でしたが、翌日にはすっきりとお天道様にも恵まれました。








早朝より、いざ稲刈りに出陣!
6月に植えた青々とした稲も、すっかり黄色く実り穂を垂れていました。




前日に降った雨で土が泥濘んでいる箇所もありましたが、躊躇なく素足で田んぼに!!
素足で土を踏むことで、体内に溜まっている静電気が抜けていくそうです。
これは一つの健康法にもなっていて、アーシングと呼ばれています。
普段の生活の中では、街路樹に触れるだけでも良い効果があるそうですよ♪
まず、稲は根元からしっかりと刈り、2束のボリュームを目安に束ねていきます。
その束を交互に3段重ね、このように藁で根元をしっかりと巻いていく。(これが意外と難しい。。)
 
この作業を繰り返し行い、2時間半かけて1反ほどあった全ての稲を刈り終わりました!
そして最後に「はぜ掛け」という方法で、稲木に稲の束を掛けていき天日干しを行います。
逆さにして稲を干すことで栄養分が根元から実の部分までしっかりと届くそうです。
これが昔ながらの米作りです。
大変な作業ではありますが、こうして汗水流して作られたお米は美味しさも格別だと納得しました。




こうして出来上がったお米を原料にアムリターラでは自然栽培味噌を仕込んでいます。
 
https://www.amritara.com/fs/amritara/c/seasoning01
来年もアムリターラスタッフの想いが詰まったこだわりのお味噌が、みなさまのもとに届きますように・・・☆

2018年10月9日

糖質制限その後

みなさま こんにちは。
営業のNです。
今回は糖質制限を2年続けた感想をお伝えさせて頂こうと思います
このブログで糖質制限をお伝えさせて頂いてから2年が経過しました。
○ 過去ブログ題名 「おっ ちょっと痩せるじゃん」2016年8月9日
2年もしてるならさぞかし痩せているのかと思いきや、現在のコンディションは
ここ数ヶ月70~72kg、体脂肪20%前後、内臓脂肪10%前後で
大幅に減ったり増えたりしていません。

私の場合、お酒がやめられないのでこの辺で維持するのが限界と思われます。

ところで糖質制限を実践されてる方はご存知かもしれませんが
フスボンってご存知ですか?
パンやスイーツを低糖質仕様にこだわって作られてます。
卵、乳製品は入っているものの、ふすまと大豆粉はオーガニック原料を使われています。
あと甘味料は糖アルコールのエリスリトールとステビアです。

色々数回注文して食べてみたのですが
スイーツの中でもおいしいと思ったのがフスボンエクレア 糖質4g/1個当り
 



まぁ生クリーム使って作れば、ほぼほぼ美味しくはなりますが
糖質4gでこの完成度は、なかなかすごいと思いました。

それとピーカンナッツwithフスボンチョコ 糖質7.7g/100g当り
ロカボチョコとローピーカンナッツとその後ろで小踊りする塩味が絶妙で美味しいです。
https://www.fusubon.com/item/2016/11/19/2260/
他のスイーツも低糖質仕様なのになかなか美味しい商品が多いです。

糖質制限中でどうしてもスイーツを食べたいなら
たまにはいかがでしょうか。

ただ乳製品に含まれる乳タンパクのカゼインは
ガンのリスクが高まるとマクガバンレポートにも
書かれてますので乳タンパク(牛乳、生クリーム)の食べすぎにはご注意くださいね。

私は甘党ではないのでスイーツよりパンの方を良く食べています。

自然解凍でもやわらかいパンなのでそのままでも美味しいのですが
高めの温度で軽くトーストするとバターの香りが立ってこちらも美味しいです。
スモークサーモン、アボカド、卵、レタスなどのお好きな具でサンドイッチを作るのが
飽きなくてお勧めです。
 あと簡単で美味しいトーストをご紹介します。
薄切りではないほうのパンに
「こだわり卵と玄米黒酢のビオネーズ」と少量のマスタードと
「ぶどうの甘みで仕立てた有機ケチャップ」を混ぜたものを
多めに塗って高い温度のトースター(温度調節できるなら230度位)で短時間で
塗った表面かパンの縁に焼き目がつくくらいまで焼いたら出来上がりです。
普通のパンに比べ少し裏面にも焦げ目がつきやすいので
トースターによっては上段で焼くか途中でアルミホイルをかませるとか
した方が良いかもしれません。
体臭がきつくなるとか、腸が腐敗するとか言われているこの頃の糖質制限ですが
肉ばっかり食べず、生野菜をいい油のドレッシングでしっかり食べて
魚や大豆製品を多めに取れば問題なく続けられると思いますので
気になったら実践されてみて下さい。
http://www.amritara.com

2018年10月1日

アムリターラ流 非常食

こんにちは、経理担当の齊藤(♂)です。

最近、広範囲に甚大な被害を及ぼす災害が増えているような気がします。

先日も9月1日が防災の日だったにも関わらず、6日に北海道で大規模な地震が起こり、全てのインフラがストップしました。

皆様ご自身やご家族ご友人、知人の方が無事でありますように。

万一被災された方におかれましては、一日も早く日常生活に戻れますよう心よりお祈りしております。

あまりにも災害が多いために気になって2010年代に日本で起こった災害を調べてみたんですが、こんなに多いんです。

2011.3.11  東日本大震災
2011.3.12  長野北部地震
2011.8.25  台風12号(和歌山、奈良、三重)
2013.10.11  台風26号(関東)
2014.2月    豪雪(関東・甲信越)
2014.8.20  広島市土砂災害
2014.9.27  御嶽山噴火
2015.9.9~ 関東・東北豪雨
2016.4.14  熊本地震(前震)
2016.4.16  熊本地震(本震)
2017.7.5~ 九州北部豪雨
2018.6.18  大阪府北部地震
2018.6~7月 西日本豪雨
2018.9.4~5 台風21号(近畿)
2018.9.6  北海道地震

毎年のように日本のどこかで災害が起きていることが分かりますが、2018年はやはり特に多いようです。

運よく被災せずに済んでいる人も明日は我が身、日頃の備えが大事ではないでしょうか。

そういうわけで、今回はアムリターラのレトルト加工食品をご紹介します。

 

自然栽培 緑玄米もち





 

 

 

 

 

品種改良のされていない古代米の一種「緑もち米」を無農薬・無肥料で栽培した玄米から作ったお餅です。

亜鉛やマグネシウムや鉄などのミネラル、食物繊維に加え、血液をサラサラにしてくれるクロロフィル(葉緑素)も豊富に含まれています。

一般的な白米もちに比べるとしっかりとした歯ざわりや食感があり、深い甘みや香りが美味しさを引き出します。

 

自然栽培米・十一雑穀 美養ごはん、美養粥



 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

無農薬・無肥料で栽培した九州産の自然栽培米の玄米と十一種類の雑穀にアムリターラソルトを加えて作ったレトルトごはん、お粥です。

ここでは全て書ききれませんが、ビタミン、カルシウム、カリウム、マグネシウム、鉄分、食物繊維など栄養素が豊富に含まれています。

美養ごはんはもちもちとした食感と風味のバランスがよく、普段白米を食べ慣れている方でも美味しく召し上がれます。

美養粥は栄養を損なうことなく消化しやすいように七分つきのお米を使用しています。冷粥でも美味しいため非常時にも適しています。

 

レトルト食品に限らず、アムリターラのフーズ商品は全て防腐剤や保存料など不使用のため一般的な食品に比べると消費期限が短い傾向にあります。

そのため長期的な保存には不向きですが、ここで「ローリングストック法」という備蓄のテクニックをご紹介します。

 

ローリングストック法とは、非常食を日常的に食べていき、備蓄が減ってきたら都度買い足す、という備蓄の方法を言います。

非常食というと消費期限が3~5年くらいの保存食を買っておき、期限が近づいてきたら買い換えるイメージが強いと思います。

ですがその方法では期限間近に慌てて一気に食べなければならなかったり期限切れに気付かなかったり、いざ非常時に食べ慣れていないものを食べることになり戸惑う、ということになりやすいです。

ローリングストック法を採用すればこういったトラブルに見舞われることなく、消費期限の短い食品でも非常食の選択肢に入れられることになります。

例えば12食分の非常食をキープして月に1食ずつ食べていくサイクルであれば、消費期限は1年もあれば十分ということになります。

 

今回の台風や地震を受けて防災意識が高まった方も大勢いらっしゃるかと思います。

これを機に、アムリターラのレトルト食品を非常食として検討してみてはいかがでしょうか。

www.amritara.com

Copyright (c) Phytoenergy Cosme Blog All rights reserved. Phytoenergy Cosme Blog is powered by WordPress.