2018年10月14日

アムリターラ稲刈り 2018

こんにちは。

商品開発担当の水野です。
すっかりと秋ですね。みなさまいかがお過ごしでしょうか?
さて、先日スタッフで毎年恒例アムリターラ稲刈り研修に行ってきました
大分県日田市中津江村にあるアムリターラ農園。
農薬や肥料も使わないこだわりの自社農園です!!



前日はあいにくの雨でしたが、翌日にはすっきりとお天道様にも恵まれました。








早朝より、いざ稲刈りに出陣!
6月に植えた青々とした稲も、すっかり黄色く実り穂を垂れていました。




前日に降った雨で土が泥濘んでいる箇所もありましたが、躊躇なく素足で田んぼに!!
素足で土を踏むことで、体内に溜まっている静電気が抜けていくそうです。
これは一つの健康法にもなっていて、アーシングと呼ばれています。
普段の生活の中では、街路樹に触れるだけでも良い効果があるそうですよ♪
まず、稲は根元からしっかりと刈り、2束のボリュームを目安に束ねていきます。
その束を交互に3段重ね、このように藁で根元をしっかりと巻いていく。(これが意外と難しい。。)
 
この作業を繰り返し行い、2時間半かけて1反ほどあった全ての稲を刈り終わりました!
そして最後に「はぜ掛け」という方法で、稲木に稲の束を掛けていき天日干しを行います。
逆さにして稲を干すことで栄養分が根元から実の部分までしっかりと届くそうです。
これが昔ながらの米作りです。
大変な作業ではありますが、こうして汗水流して作られたお米は美味しさも格別だと納得しました。




こうして出来上がったお米を原料にアムリターラでは自然栽培味噌を仕込んでいます。
 
https://www.amritara.com/fs/amritara/c/seasoning01
来年もアムリターラスタッフの想いが詰まったこだわりのお味噌が、みなさまのもとに届きますように・・・☆

2018年10月9日

糖質制限その後

みなさま こんにちは。
営業のNです。
今回は糖質制限を2年続けた感想をお伝えさせて頂こうと思います
このブログで糖質制限をお伝えさせて頂いてから2年が経過しました。
○ 過去ブログ題名 「おっ ちょっと痩せるじゃん」2016年8月9日
2年もしてるならさぞかし痩せているのかと思いきや、現在のコンディションは
ここ数ヶ月70~72kg、体脂肪20%前後、内臓脂肪10%前後で
大幅に減ったり増えたりしていません。

私の場合、お酒がやめられないのでこの辺で維持するのが限界と思われます。

ところで糖質制限を実践されてる方はご存知かもしれませんが
フスボンってご存知ですか?
パンやスイーツを低糖質仕様にこだわって作られてます。
卵、乳製品は入っているものの、ふすまと大豆粉はオーガニック原料を使われています。
あと甘味料は糖アルコールのエリスリトールとステビアです。

色々数回注文して食べてみたのですが
スイーツの中でもおいしいと思ったのがフスボンエクレア 糖質4g/1個当り
 



まぁ生クリーム使って作れば、ほぼほぼ美味しくはなりますが
糖質4gでこの完成度は、なかなかすごいと思いました。

それとピーカンナッツwithフスボンチョコ 糖質7.7g/100g当り
ロカボチョコとローピーカンナッツとその後ろで小踊りする塩味が絶妙で美味しいです。
https://www.fusubon.com/item/2016/11/19/2260/
他のスイーツも低糖質仕様なのになかなか美味しい商品が多いです。

糖質制限中でどうしてもスイーツを食べたいなら
たまにはいかがでしょうか。

ただ乳製品に含まれる乳タンパクのカゼインは
ガンのリスクが高まるとマクガバンレポートにも
書かれてますので乳タンパク(牛乳、生クリーム)の食べすぎにはご注意くださいね。

私は甘党ではないのでスイーツよりパンの方を良く食べています。

自然解凍でもやわらかいパンなのでそのままでも美味しいのですが
高めの温度で軽くトーストするとバターの香りが立ってこちらも美味しいです。
スモークサーモン、アボカド、卵、レタスなどのお好きな具でサンドイッチを作るのが
飽きなくてお勧めです。
 あと簡単で美味しいトーストをご紹介します。
薄切りではないほうのパンに
「こだわり卵と玄米黒酢のビオネーズ」と少量のマスタードと
「ぶどうの甘みで仕立てた有機ケチャップ」を混ぜたものを
多めに塗って高い温度のトースター(温度調節できるなら230度位)で短時間で
塗った表面かパンの縁に焼き目がつくくらいまで焼いたら出来上がりです。
普通のパンに比べ少し裏面にも焦げ目がつきやすいので
トースターによっては上段で焼くか途中でアルミホイルをかませるとか
した方が良いかもしれません。
体臭がきつくなるとか、腸が腐敗するとか言われているこの頃の糖質制限ですが
肉ばっかり食べず、生野菜をいい油のドレッシングでしっかり食べて
魚や大豆製品を多めに取れば問題なく続けられると思いますので
気になったら実践されてみて下さい。
http://www.amritara.com

2018年10月1日

アムリターラ流 非常食

こんにちは、経理担当の齊藤(♂)です。

最近、広範囲に甚大な被害を及ぼす災害が増えているような気がします。

先日も9月1日が防災の日だったにも関わらず、6日に北海道で大規模な地震が起こり、全てのインフラがストップしました。

皆様ご自身やご家族ご友人、知人の方が無事でありますように。

万一被災された方におかれましては、一日も早く日常生活に戻れますよう心よりお祈りしております。

あまりにも災害が多いために気になって2010年代に日本で起こった災害を調べてみたんですが、こんなに多いんです。

2011.3.11  東日本大震災
2011.3.12  長野北部地震
2011.8.25  台風12号(和歌山、奈良、三重)
2013.10.11  台風26号(関東)
2014.2月    豪雪(関東・甲信越)
2014.8.20  広島市土砂災害
2014.9.27  御嶽山噴火
2015.9.9~ 関東・東北豪雨
2016.4.14  熊本地震(前震)
2016.4.16  熊本地震(本震)
2017.7.5~ 九州北部豪雨
2018.6.18  大阪府北部地震
2018.6~7月 西日本豪雨
2018.9.4~5 台風21号(近畿)
2018.9.6  北海道地震

毎年のように日本のどこかで災害が起きていることが分かりますが、2018年はやはり特に多いようです。

運よく被災せずに済んでいる人も明日は我が身、日頃の備えが大事ではないでしょうか。

そういうわけで、今回はアムリターラのレトルト加工食品をご紹介します。

 

自然栽培 緑玄米もち





 

 

 

 

 

品種改良のされていない古代米の一種「緑もち米」を無農薬・無肥料で栽培した玄米から作ったお餅です。

亜鉛やマグネシウムや鉄などのミネラル、食物繊維に加え、血液をサラサラにしてくれるクロロフィル(葉緑素)も豊富に含まれています。

一般的な白米もちに比べるとしっかりとした歯ざわりや食感があり、深い甘みや香りが美味しさを引き出します。

 

自然栽培米・十一雑穀 美養ごはん、美養粥



 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

無農薬・無肥料で栽培した九州産の自然栽培米の玄米と十一種類の雑穀にアムリターラソルトを加えて作ったレトルトごはん、お粥です。

ここでは全て書ききれませんが、ビタミン、カルシウム、カリウム、マグネシウム、鉄分、食物繊維など栄養素が豊富に含まれています。

美養ごはんはもちもちとした食感と風味のバランスがよく、普段白米を食べ慣れている方でも美味しく召し上がれます。

美養粥は栄養を損なうことなく消化しやすいように七分つきのお米を使用しています。冷粥でも美味しいため非常時にも適しています。

 

レトルト食品に限らず、アムリターラのフーズ商品は全て防腐剤や保存料など不使用のため一般的な食品に比べると消費期限が短い傾向にあります。

そのため長期的な保存には不向きですが、ここで「ローリングストック法」という備蓄のテクニックをご紹介します。

 

ローリングストック法とは、非常食を日常的に食べていき、備蓄が減ってきたら都度買い足す、という備蓄の方法を言います。

非常食というと消費期限が3~5年くらいの保存食を買っておき、期限が近づいてきたら買い換えるイメージが強いと思います。

ですがその方法では期限間近に慌てて一気に食べなければならなかったり期限切れに気付かなかったり、いざ非常時に食べ慣れていないものを食べることになり戸惑う、ということになりやすいです。

ローリングストック法を採用すればこういったトラブルに見舞われることなく、消費期限の短い食品でも非常食の選択肢に入れられることになります。

例えば12食分の非常食をキープして月に1食ずつ食べていくサイクルであれば、消費期限は1年もあれば十分ということになります。

 

今回の台風や地震を受けて防災意識が高まった方も大勢いらっしゃるかと思います。

これを機に、アムリターラのレトルト食品を非常食として検討してみてはいかがでしょうか。

www.amritara.com

2018年9月9日

ミネラルの大切さ

皆さんこんにちは。財務担当の小坂です。もう9月ですが、まだまだ残暑が厳しい日が続いています。皆さん体調は如何でしょうか?

今日は体のために大切なミネラルのお話をしたいと思います。

ミネラルとは岩や土に含まれる無機質成分の事で、100種類以上あると言われていますが、そのうち主要ミネラル7種類、微量ミネラル9種類の計16種類が人間の体を維持するのに必要だと言われています。

ミネラルの主な働きは大きく分けて以下の3つあると言われています。

1、 体を作る
→骨や歯、爪など、体の一部を構成する成分となる(カルシウム以下Ca、リンP、硫黄Sなど)
2、 体調を整える
→細胞の浸透圧の調整や、筋肉の収縮や神経の伝達を助ける(ナトリウムNa、カリウムK、マグネシウムMgなど)
3、 エネルギーの生成(産生)を助ける
→ビタミンと共に補酵素として酵素を活性化して、栄養素を分解する助けになる
(銅Cu、やS、Mg、Caなど上記ほとんどのミネラル)

1は分かりやすいですね。Caなどを十分に取らないと丈夫な骨や歯が作れないという事です。

今回は2と3について少し詳しく説明したいと思います。

2について
静止膜電位とは

人間の体は約37兆個(60兆個とも)の細胞があります。
その中でも、神経を構成している神経細胞というものに着目します。

細胞は一つ一つが細胞膜によって包まれています。細胞の中の液体を細胞内液、外の液体を細胞外液といい、細胞膜が隔てています。
神経細胞の細胞内液にはK+イオンが多く、細胞外液にはNa+イオンが多く含まれています。
これら二つのイオンの濃度が内外で違うために、浸透圧の作用により均衡を保とうとして、内外を移動します。
その結果、細胞の内側と外側で電位差(イオンの+-の差)が出来ます。

 

イオンが内外を行き来した結果、細胞の中の電位が外に比べて-75mV(ミリボルト)という値で安定します。
これを静止膜電位といいます。


 

 

 

 

 

 

←ネットよりお借りしました

 

人間の体はこの静止膜電位を維持するために、K-Naチャネルという仕組み(上図の青と赤の楕円形のもの)を使って、常に細胞の中と外でイオンをやりとりしています。

 

静止膜電位を保つために使われるエネルギーは、体全体で使われるエネルギーのなんと約1/3にもなります。
それだけ体にとって重要だという事です。

 

ではなぜ静止膜電位を保たなければいけないのでしょうか。

その目的は二つあります。
A、 電位差を利用して、非常に速い情報伝達が可能になる。
B、 細胞の内外で、必要な物質をやりとりする

Aについて、神経細胞は体に何か刺激が加わった時に電気信号を発生させ、脳に情報を伝える役割をしています。
その際、小さな刺激だと、電気信号は発生しません。ある程度の大きさのある刺激によって、初めて電気信号が発生します。
具体的には、刺激を受けると細胞内の電位が上がっていき、細胞内の電位が-55mV以下になる程度の刺激があって初めて刺激として認識されます。
この-55mVのラインを超えた刺激を人間は痛みと感じたりします。

この機能があることで、電気信号を発生させて、脳に素早く信号を送る事が出来るのです。

Bについて、イオンをやりとりする際に、他の色々な物質もやり取りされています。
例えば細胞内に細胞が必要とする酸素や栄養を届け、細胞外に不要になった老廃物や二酸化炭素を排出するなどです。これにより細胞を維持しています。

この静止膜電位を保つために、KとNaが必要になってきます。

そのほか、円滑な神経伝達のためにMgやCa等が必要になってきます。

3について
エネルギーの生成について、人間の体は食べ物から摂る栄養(炭水化物、脂肪、タンパク質)を分解して、酸素を使って燃焼させてエネルギーに変える事で維持しています。

その際、栄養を消化するのに酵素を使います。酵素とは栄養を分解するための触媒となるたんぱく質の事で、これが無いと上手く栄養を消化できません。
その酵素の働きを助けるのがミネラルです。同様の働きをするビタミンなどと合わせて補酵素と呼ばれたりします。

つまり単に栄養を摂っても、十分な酸素と酵素の働きが無いと、エネルギーを生み出す事ができなくなります。

 

十分な睡眠も取って、食事もしっかりと食べているのに、体が疲れやすいという場合、
もしかしたらミネラルが不足していて、十分にエネルギーが作れないという事かもしれません。


 

夜中に足がつるのは?
この夏はかなりの猛暑だったので、夜になっても高温で寝苦しい日が続き、クーラーをかけて寝る方も多いかと思います。

その中で夜中寝ている間に足がつる、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
夜中など、意識していない状態で強い筋肉の収縮が突然発生して痛みを伴う症状を「こむら返り」、専門的には「有痛性筋痙攣」といいます。
運動もしていないのに、足がつる原因は厳密には解明されてはいませんが、以下の2点ではないかと言われています。

(1) ミネラルバランスが崩れて、神経が刺激を受けやすい状態になっているため
(2) 筋肉のセンサーがうまく作動しない事で筋肉が過剰に収縮してしまうため

(1)について、静止膜電位の所でご説明しましたが、細胞内は-75mVで安定しています。ところが睡眠時は汗をかいていて脱水傾向にあり、ミネラルが失われやすくなっています。その結果として神経細胞のミネラルのバランスが崩れ、電位が上昇して-55mVの閾値に近づいていきます。つまり神経が過敏になります。

そうすると少しの刺激で電気信号が発生して、筋肉が過剰に反応してしまう事になります。
例えば寝返りを打った際に、その刺激で筋肉が収縮してしまいます。

(2)について、睡眠時は全身を動かさないため、心拍数が低下して血流が低下します。
また特に夏場はクーラーをつけて寝る事で足が冷えて、これも血流低下につながります。
さらに中年の方は筋肉量が低下する事で血流の低下、疲労が抜けにくくなります。
また妊婦さんは子宮が大きくなる事で、足の静脈を圧迫し、これも血流低下につながります。

それら血流低下により、酸素と栄養が細胞に行き渡りにくくなり、結果として筋肉の張りを調整しているセンサー(γ運動ニューロンといいます)の働きが低下して、筋肉が適度な張りを保てない状態になります。
その状態で、(1)が原因で筋肉が突然収縮を起こすと、逆に緩んでいた状態から一気に収縮するため、過剰に収縮しすぎてしまいます。その結果として痛みが出るくらいに固くなってしまいます。

 

足がつるのを防ぐには、毎日の適度な運動や、寝る前に湯船に使って体を温める事で血流をよくする、十分な水分を摂る、そしてミネラルを摂ることです。

 

ミネラルを摂るには、まずバランスの良い食事です。その他にサプリメントで補うという方法もあります。
ちなみに私はというと、毎朝フルビックアースミネラルを飲んでから仕事に出掛けています。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

https://www.amritara.com/fs/amritara/c/circulation01

この中身は8000年以上前の長崎の地層の腐植土から抽出したフルボ酸という、アミノ酸やビタミンを多く含んだ有機ミネラルです。

ミネラルは元々鉱物なので、鉄の塊を食べられないように、そのままでは人間は吸収できません。そこで植物が一旦吸収することで、有機的な組成に変換されます。それを腐植土から抽出することで吸収しやすい有機ミネラルになっています。とても飲みやすくて続けています。

ちなみに上でご説明した細胞膜は、必要な栄養や酸素を細胞の中に取り込み、不要な老廃物や二酸化炭素を排出する大切な働きがありますが、この細胞膜はリン脂質というものでできています。
このリン脂質を多く含んでいるサプリメントが、アスタクリルオイルというサプリメントです。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

https://www.amritara.com/fs/amritara/c/omega01

これも私は飲むように心がけています。
クリルオイルとは南極海の動物性プランクトンであるオキアミから抽出した脂肪酸で、リン脂質型のオメガ3という成分を多く含んでいます。
これは水溶性のため、体に吸収されやすいという特徴を持っています。

この記事で、ミネラルの大切さを少しでもお伝えできればいいなと思っています。
ミネラルを摂ってこの残暑を乗り切りましょう!

https://www.amritara.com/

2018年9月3日

京都で季節を味わう

こんにちは!

PR担当のH(♀)です。
今年は、厳しい暑さが続きましたね。
夏バテなどされず、お元気でいらっしゃいますか?

私はそんな猛暑の中でしたが、京都の祇園祭に行ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

祇園祭は、7月1日から1ヶ月もの間、祇園の町で行なわれます。
その起源は、1000年もの前から始まっていて、それが今も続いているとうのも、魅力のひとつです。

町には、鉾(ほこ)や山(やま)といわれるものが、いくつも立てられます。
それぞれの鉾や山に、言われがあり、その話を追っていくのも楽しいんです。(マニアックなお話です汗)

例えば、函谷鉾(かんこほこ)。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中国の紀元前の戦国時代の故事にちなんで付けられています。
鶏の鳴きまねがうまい部下がいて、「こんなやつ使えない!」とまわりから言われていたのに、
その部下が鶏の鳴きまねをしたことで、朝と勘違いして関所(函谷関)があき、脱出でき一命を取り留めた、というお話。

人はそれぞれ、得意なことや個性があって、
相手を認め、それを活かしていくことが、健やかな関係性を築き、会社などであればその組織を強くしていく。
そんな学びがあるお話です。

 

 

 

京都では、食も楽しみの一つなのですが、先日素敵なお店を見つけました。京都東山の白川沿いにある「丹」。白川沿いの素敵なロケーションにあります。
http://tan.kyoto.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自然農法でお野菜を育てている農家さんの心のこもったお野菜を使っていて、夏は鱧など、それぞれの季節を感じるお料理が味わえます。

飯尾醸造「紅芋酢」の炭酸割り
海月、胡瓜、椎茸のゴマあえ
トウモロコシと枝豆のかき揚げ
夏野菜のディップ
夏野菜の冷煮 干し貝柱のスープ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここのお野菜は、すべて「自然耕房あおき」という、京都の丹後という場所で、女性だけで農業を営んでいる自然農法のお野菜だそうです。


 

 

 

 

 

 

 

 

ほんとうに、おいしい昔懐かしいお野菜の味が楽しめます。
自然耕房あおきhttp://www.shizenkobo-aoki.com/
お野菜の宅配もやっているようです。

体も心も癒される、ほんとうに素敵なお店でした。

 

 

 

 

 

 

そしてわたしが旅先に欠かさないのが、サプリメント。
旅行にいくと食が偏りがちなので、腸内環境を整える、私の三種の神器です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左)ハッピーフローラは、生きた酵母のプロバイオティクス、菊芋やアガベイヌリンのプレバイオティクスの両方を兼ね備えていて、カプセルが胃で溶けず腸まで届けてくれます。
中)ディープクリアブラック 炭のサプリメント。外食が多いときは特に不要なものの排出を助けてくれますし、腸内の悪臭ガスなども吸着してくれ、腸内環境の改善にとても役立ちます。
右)アスタクリルオイル 腸内だけではありませんが、全身の血流を良くしてくれますし、細胞膜の原料となるので代謝をスムーズにしてくれます。

 

 

夏から秋への季節の変わり目を楽しみつつ、みなさまも楽しく健やかな日をお送りください http://www.amritara.com/

次ページへ »

Copyright (c) Phytoenergy Cosme Blog All rights reserved. Phytoenergy Cosme Blog is powered by WordPress.